スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

透明感

.30 2011 雑記 comment(0) trackback(0)
2005年公開の仏映画「薬指の標本」を見た。
題名からして素敵。
小川洋子さんの同名の小説を、フランスの映画監督ディアンヌ・ベルトランが映画化したものだそう。
透明だけどどこか暗くて、たゆたうような雰囲気がずっと流れている。
本当に美しい…
冒頭の、どこまでも続くガラス瓶の列。
白衣の標本技師。
ぴったりすぎる赤い靴。
恋人が残した音楽。
亡き文鳥の白骨。
金の蝶が舞う乾いたシャワー室。
緑色の薬液。
入ることの出来ない地下室。
少女は自ら標本となりにゆく…

どこを切り取っても絵になるシーンとエピソードの断片の数々。
奥底に絶えずゆらめく静かな狂気に心から惹かれる。



この間買ったインセンス。
MOON
PLATINUM ANGEL

2011043022360000.jpg


これもまた、透明感と夜の静けさを感じさせる香り…!

年末

.27 2010 雑記 comment(0) trackback(0)
実家の風景

201012251725000.jpg


この時期恒例のクッキー作り。
今は下の二人の妹達(12歳と8歳)がやっているけれど、10年前は私とすぐ下の妹が作ってた…!(もう10年も前のことになるという事実に逆に吃驚)
この画像が家から送られてきて、とても懐かしい気になったのでした。


今日も雷と霰が凄い。
余り外に出たくない天気。

風の日

.05 2010 雑記 comment(0) trackback(0)
2010120506590000.jpg



珍しく日曜休み。

昨日と一昨日は物凄い天気だった。
凄まじい風…
特に一昨日は暴風雨。
帰り道では道路上で、強い雨が風に煽られて逆に水しぶきが上がっていた。
川もかなり増水していて、黒々とした水が凄い速さで流れていて、余りの風にところどころ白い波が立っているという、凄い光景でした。
悪夢のヴァリエーションが増えそうだと思った…
でも雷は好き。
紫の光と、お腹に響くような音が好き。
小さな頃から、雷が鳴ると訳も無くわくわくする。
空に一瞬の速さで走る稲妻も好き!


昨日の夜は観劇に。
シェークスピアの「ヴェニスの商人」を見て来ました。
とても面白かった!
特に後半はずっと笑っていた。
裁判のときはシャイロックがちょっと可哀想だったけれど…
でもそう思ってしまうくらいに、シャイロック役の俳優さんが鬼気迫る演技だった。
そして原作を余り知らずに行ったので、却って展開がわからず、純粋にストーリーとしても楽しめた。
バサーニオ役の方もちょっとした仕草がとても決まるし、何より本当に良い声。
ポーシャ役の女優さんも声が通ってとても素敵!
演技者って本当に凄い…!
照明もずっと地明りだけの最低限の明りで、音響も特にあるわけでもなく、場面転換もせずにずっと最初から最後まで一つの机と三脚の椅子だけ、という本当にシンプルな舞台装置なのに、それでもあんなにも魅せてしまう俳優さんたちには敬意を覚える。
凄い!
そしてやっぱり舞台芸術って好き。
人間が人間を見ている…その瞬間だけ、明らかに「見る人間」と「見られる人間」に二極化するのが面白いと思う。

 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。