スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大手拓次詩集

.03 2012 comment(0) trackback(0)
三月に入りました。

2012021615060001_convert_20120303182937.jpg

花屋さんの店頭を眺めるのが好きです。
特に好きなのはアネモネ、ラナンキュラス、クリスマスローズ、菫、ヒヤシンス。
花や植物は好きだけれど、育てることはできないので専ら観賞専門。




妹から最近勧められた本 「大手拓次詩集」

大手拓次  1887(明治20)年生まれ、1934(昭和9)年没。
この詩人のことは初めて知ったのだけれど、目次を見た瞬間に気に入りました。

「華奢な秘密」「ふし眼の美貌」「円柱の主人」「くちなし色の散歩馬車」「砂人形」「走る宮殿」「青い異形の果物」
「ベルガモツトの香料」「月下香の香料」「白薔薇の香料」「ちりぎはのばらの香」…

ボードレールやヴェルレーヌなどのフランス象徴詩に影響を受けたそうで、その世界は余りにも幻想的。
繰り返されるテーマ、「香料」と「薔薇」のように濃厚な香気が漂う。

著者はかなり寡黙で、内向的で孤独を好む性格だったとか。
周囲との交際をほとんどせず、詩人仲間との付き合いも余りなかったそうで、そのせいもあってか、死後に北原白秋とか萩原朔太郎とかに「眼は碧い洋種の詩人」だとか「仏蘭西語以外の書物を読まなかった」だとか、散々勝手な(?)伝説を作り上げられた…というエピソードがあったり。

でも、ことの正誤はさておいても、そんな風な印象を持つのにも納得するというか、全く違和感が無い。
それほどにも夢幻の美の香りを持った詩だと思う。


 「香料の顔寄せ」

 とびたつヒヤシンスの香料、
 おもくしづみゆく白ばらの香料、
 うづをまくシネラリヤのくさった香料、
 夜のやみのなかにたちはだかる月下香の香料、
 身にしみじみと思ひにふける伊太利の黒百合の香料、
 はなやかに着物をぬぎすてるリラの香料、
 泉のやうに涙をふりおとしてひざまづくチユウリツプの香料、
 年の若さに遍路の旅にたちまよふアマリリスの香料、
 友もなくひとりびとりに恋にやせるアカシヤの香料、
 記憶をおしのけて白いまぼろしの家をつくる糸杉の香料、
 やさしい肌をほのめかして人の心をときめかす鈴蘭の香料。





優しくて繊細な言葉の選び方、並べ方。
ロマンチストだとか耽美派だとか言ってしまえばそれまでだけども、この感覚的な世界。
…春の夕暮れの夢の如し。








前の記事に拍手下さった方々、どうもありがとうございました!!





スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://jyunsuikaidan.blog19.fc2.com/tb.php/447-eb9e2c0b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。