スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

街の神秘と憂鬱

.22 2012 独り言 comment(0) trackback(0)
今日はだいぶ暖かさを感じる一日でした。
春が近づいて来ると、散歩が楽しい。
私は歩くのは全く苦にならないので、10kmくらいまでなら歩けるし、片道一時間ほどの道のりならば日常的に歩いてしまう。
歩きながら建物を見るのが好き。
特に、階段、柱や回廊、窓や入口の装飾や形。


そういう訳で、建物を描いた風景画が好き。
中でもジョルジォ・デ・キリコ。


今もやっているのか…?
ちょっとわからないのだけど、子供の頃よく見ていたTV番組で、「美の巨人たち」というのがあって。
確か、「世界不思議発見」のあとだったはず。
その二本立てを見るのが、土曜日の夜の楽しみだった、そんな小~中学生でしたw

両親の影響というのは大いにあったのだと思うのだけど、そういう絵画とか美術に関するものには幼いころから興味があって。

「美の巨人たち」は、たぶん第一回目から見てたと思う。
ピカソのゲルニカだったような。


で、その何回目かの特集で初めて見たのが、キリコの「街の神秘と憂鬱」。
今でも物凄い強い印象が残っている。
あの小林薫の、どことなく怖いナレーションと共に…

images (11)


不在の存在。
そんな感じ。
誰かいるけど誰もいない。
ここには誰もいない。

あの独特の色合いも衝撃的だった。
明るいけれど、どことなく漂う不安感。
不安だけど、なんとなく懐かしい。

そんな、”不安と共に甦る郷愁”みたいなものを子供心に感じて、その魅力に惹きこまれたのでした。

子供って意外と色々なことを繊細に感じたり考えたりしているものなのよね…とか思ったり。
今思い出してみると、だけど。

chirico_Piazza_01_650_convert_20120222135457.jpg


余談なのだけど、B-T今井さんのブログで、「街の神秘と憂鬱」について触れられていたことがあって。
そのときに、サティやジョン・ケージ、武満徹、更にちょっと変わったアンビエントや現代音楽の類、にも触れていて、その二つの共通点みたいなことを書いてらして。

そういった類の音楽を聴いたときに感じるものが、例えばキリコの絵を見たときに感じるものと似通っている、というような内容だったと思う。
不安感の中の安心感。ふいの懐かしさ。空虚。虚無の存在。みたいなもの。

その記事を読んだとき、自分が感じていたことと余りにも同質だったので、とても吃驚して。
と同時に、この人の感覚はきっと本物だ、と思ったし、だからあのような音の世界を作り上げることが出来るのだなとも思って何だか嬉しかった。

今井さんがお勧めしていた、諸星大二郎の漫画作品も読んでみたい。
「夢見る機械」とか「不安の立像」とか、題名だけでも素敵。








前の記事に拍手下さった方、ありがとうございました♪
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://jyunsuikaidan.blog19.fc2.com/tb.php/445-b6d5e283
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。