スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石畳は続く

.19 2008 ウィーン comment(0) trackback(0)
なんか、ウィーンのこういう街角を見ると、100年、いや200年前からずっとこうだったのだろうな、という気持ちになる。

020_convert_20080619194132.jpg

でも、そういう気持ちになるだけでなく、本当に200年ぐらい前からほとんど変わっていなかったりする。
美術館とかに行くと、19世紀ごろのウィーンの街並みを描いた絵とかたくさん見られるのだけど、やっぱり全然変わってない。
人の格好が違うくらい。
ちなみにここは王宮前。

こちらが王宮の入り口。

021_convert_20080619194219.jpg


ここも、今はほとんど博物館になっている。

022_convert_20080619194259.jpg

ウィーンの石畳。
旧市街はほとんど石畳。
そこを馬車が走ると、蹄の音がコツコツ響く。
これもたぶん、200年前と変わらないんだろう。
たとえ、今は観光用でしかない馬車だといえども。
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://jyunsuikaidan.blog19.fc2.com/tb.php/44-eb618530
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。