スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Like, of the flow of a river

.25 2011 独り言 comment(0) trackback(0)
特筆するほどのことも無く過ぎていく日々。
生きるにはお金が必要です…
お金と愛とか天秤にかけるなんて全く変な話だと思う。
愛があるからこそお金が要るんじゃない!w
本当にそう思う。

人生に於いてどこまで悪足掻き出来るのか知らないけれども、諸々の無謀が可能な内はとりあえずひたすらじたばたしてようと思う。
何かもうそれしか方法が無い気がする。
そしていつか、ああもうこれ以上は無理だなーとなったその時には出家しようかと思いますw
神道もキリスト教も捨て難いのだけど、人の世の常を悟り、研ぎ澄まされた精神的境地を望むのだったらやはり仏教だなと。
涅槃寂静。素晴らしいところであろう。

…ということを結構真剣に考えているのだけど、まぁそんな時間があるのならもっと今のうちに生産的なことをしておいた方が絶対後悔しないで済むのだろうね。






川が好き。
海も良いけれど、川の流れのあの感じ…、良いなと思う。
海には海辺があるけれど、川には川岸があって、必ずこちら側とあちら側がある。
川を渡らないとあちら側には行けない。
明確に分かたれた境界線。
そこから三途の川、彼岸と此岸の思想などが生まれたのだろうと思う。
川はある種の結界の役割も果たしているということ。
まぁそれは川に限らず、水という物質全体に言えることかもしれない。
海は国と国、大陸と大陸を隔てている。
濠は城郭をぐるっと取り囲んでいる。
古代の豪族の墓の周囲にも二重、三重と濠が造られている。
水によって張られた緊張感、容易に足を踏み入れることを不可能とさせる感覚。
それは本能的なものなのか。

そう、川が好きなのは、その”境界”のイメージがよりわかりやすく表されているからかもしれない。
川の流れには必ず線が生まれる。
水の描く境界線。
そこはかとない緊張感を孕んで流れていく。
とどまることなく流れる。それは時間とも類似するのではないか。
時間とは川のようなものなのだろうか。


最上川も信濃川も鴨川も好き。
住む土地にはいつも美しい川がある。
そういえば古代文明は大河沿いに育っていったと習った。
人類の母なる川。

長江とか黄河の最上流の方へ行ってみたい。


2010100417050000.jpg








前記事に拍手下さった方、ありがとうございました!
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://jyunsuikaidan.blog19.fc2.com/tb.php/431-d0a99798
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。