スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「山猫」

.16 2011 雑記 comment(0) trackback(0)
ガレットが美味しいお店を2つくらい発見。
以前も吉祥寺のうさぎ館とか凄く好きで良く行っていたけど、こっちでも見つけられて嬉しい!
そば粉のガレットは本当にいつ食べても美味しい。大好き。
でもその話をしたときに、たまたま周りに居た八人が八人ともガレットのことを知らなかったのには驚いたけど。

2011042517290000.jpg


先日、ヴィスコンティの映画「山猫」を見た。
指定映画館で行われている、「午前十時の映画祭」ってやつの上映目録の中にあったの!
過去の名作を、一週間交代で毎朝十時から上映するという素敵な企画。


ヴィスコンティはやはり素晴らしかった…
三時間の大作。
冒頭のシーン、山をバックにしたイタリア貴族の邸宅とその庭、そしてあの音楽だけで何故か泣けてしまうという…!(そんなの私くらいかもしれないけど;)
アラン・ドロンが大変若々しくて青々しくて良かった。
森茉莉の小説に出てくる青年達を思い出した…茉莉さん、アラン・ドロン好きみたいだったものね。
しかし主演のバート・ランカスターの渋さが!
かなり素敵な公爵様でした。
あの表情と雰囲気だけで全てを語ってしまうような存在感。
男は目と背中で語るんだよな。
そしてとにかく豪華絢爛なセット。
あの時代の貴族の贅沢というものは、今現代の自分には到底想像もつかないようなものなのではないかと思った。
撮影は、照明を使わず全て自然光だけで行われたそうで、だからラストの舞踏会シーンでもかなりの数の燭台、蝋燭が焚かれている。
その舞踏会の客役のエキストラには、本物のイタリア貴族の末裔が結構混ざっているらしい!
だからあの雰囲気が出るのかしら…まぁヴィスコンティ自身が貴族様だしね。
1964年公開と思えない、ずっと色褪せぬ美しさ。
そして人間の世の儚さ、のようなものを同時に感じた。








スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://jyunsuikaidan.blog19.fc2.com/tb.php/409-4671a2a5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。