スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「とばり」千秋楽

.07 2011 山海塾 comment(0) trackback(0)
本当に偶然が重なって観ることが出来た、約一年半ぶりの山海塾公演。
黒藤院やソロなどは去年少し見れたけど、山海塾そのものは2009年5月の「卵熱」以来。

欲を言えば、新作の「から・み」も見たかった…!
けれど、その週は休みが無くて見にいけなかった。

いきなり休みになって、6日に急遽東京へ。
しかも始めは、当日券取れるかわからないし、ここまで急なのも何だし、疲れてるし、やめておこうかな…と思っていて、行くつもりは全然なかった。
「とばり」は初演の頃にも一度観ているし。
でも私が山海塾大好きなのを知っている方(しかも今までそれとなくお勧めしていた方)が何故か会場に問い合わせして下さり、そしてどうやらほぼ確実にチケット取れそうだよ、とのこと。
そしてその方も見に行く、ということだったので、じゃあ私ももう勢いで行ってしまえ!と。
凄くタイミング良いし、公演の日に丁度休みが重なるなんて本当に滅多に無いから。


そして東京に着いてまたしてもタイミング良く、私の前に窓口にいらっしゃった方が席を変えてくれと申し出たらしく、当日券にしてはありえない三列目の真ん中辺りというかなりの良席を確保。

二度目の「とばり」、本当に良かった…
前回観たときとメンバーさんも多少の入れ替わりがあるし、そして前回のときとの何よりも大きな違いは、私も踊っているということ。
あの頃は人生で一番踊ってない時期だったからなぁ。

もう…冒頭の暗闇の中から蝉丸さんが浮かび上がった瞬間から、余りの美しさに何故か辛くなってしまった;
後方からの6,600個の星々、舞台上の2,200個の星々、夜のとばりが降りてくる。
やはり感じるものは、正反対にあり対にもなる、片方が無ければもう片方も成り立たない各々の事象。
光と闇、生と死、恒久と刹那。
あと必然性。
何故だかわからないけれど、”こうでなければいけない”と思わせる説得力。
終演後は本当に言葉が出ませんでした。

(あと番外編だけど、見ている間に思った細かいこと……最後の数分間の楕円の中の群舞はかなりキツそうだな、と…。だってあれ、もうず~っと腹筋強化運動でしょ!;ついつい凄いなぁと思って凝視してしまった。そして蝉丸さんの呼吸の合図がとても格好良い。あれも演技の一部だ。そして天児さんの美しさに見惚れる。あと千秋楽だからか、カーテンコールでカラフルな薔薇の花弁が舞い落ちて来たのだけど、メンバーさん方八人の白い姿と相まって、なかなかシュールな光景で思わず微笑んでしまった。山海塾のカーテンコールは本当に格好良い。最後の最後まで魅せてくれる)


そして、何かが起こりそうだと思った予感も正しかったらしい。
また変化の波が来る。
やはり、流れが来たときに、いかにその流れに乗るか、その覚悟と勇気があるか、が重要かもしれない。

スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://jyunsuikaidan.blog19.fc2.com/tb.php/384-6b01fd93
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。