スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Florence + The Machine

.30 2010 音楽 comment(0) trackback(0)
なかなか面白いアーティストを発見。

イギリスのグループ、 Florence + The Machine(フローレンスアンドザマシーン)

某所で”Kate Bush meets Amy Winehouse”とか書かれていたので、気になって聴いてみた。
なるほど、伸びやかでパンチのあるボーカルの歌声はAmyを彷彿とさせるかも。
そして独特で時に奇妙なダンスを含むPVの雰囲気は、ちょっとKateを思わせる。


PVがどれも面白い!
少しエキセントリック、けれど一度見たら忘れられない強烈な世界観と映像美。
なかなか良い!

「Dog Days Are Over」の2010ヴァージョンなんて、結構Kate Bushの「Sat in Your Lap」っぽいストレンジなテイストがある気がする!
何故かシンメトリックに出てくる怪しい人物達(たまに人物かどうかも疑わしい)とか、それが増殖していって怪しい人物大集合みたいになって踊り狂っているところとか!
こういうの大好き♪

あとかなり好きな「Drumming Song」
教会の中でブラックのボディースーツで踊る踊る!
教会ってのが良い。
衣裳も好き!
というかこういうことやってみたい…
音楽の方も、サビ部分の突き抜け感が気持ち良い曲。

そして、「Rabbit Heart(Raise It Up)」



これも本当に映像美!
光の加減が本当に綺麗。監督さんが誰なのか気になるところ。

まず衣裳が大好き!
そしてちょっとストーリー仕立てになっている。
中盤の食卓なんて、どことなくキ印のお茶会、もしくは最後の晩餐のパロディか…
で、その食卓が、そのまま真っ白の棺に変化!
主人公が横たわる純白の棺が運ばれ、その周りを踊り、花を撒き散らしながら続く人々。
白いドレスを着た少女達が蝋燭を浮かべ、棺は川の流れに身を任せる…(ちょっとこのくだりは、赤毛のアンの「オフィーリアごっこ」を思わせる)
これは、かなり気に入った!
印象としては、きらきらしくて眩しい、明るさに満ちた映像なのに、扱っている題材は模擬葬儀みたいな。
面白い!

スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://jyunsuikaidan.blog19.fc2.com/tb.php/349-2ae94851
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。