スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Orgel um Acht

.15 2008 教会 comment(0) trackback(0)
今日は、久々に教会のオルガンを聴きに行って参りました。
夜8時からのパイプオルガンコンサート。

062_convert_20080615044139.jpg

069_convert_20080615044254.jpg

070_convert_20080615044343.jpg

071_convert_20080615044443.jpg

場所はペーター教会。
これらの画像は昼間撮ったものなのですごく明るくてちょっと雰囲気が違うけど、ご覧の通りとても美しい教会。
ウィーンで二番目に古いそう。今ちょっと資料がないけど、13世紀とかそれぐらいからある教会。

そんな教会の中で、夕昏の薄暗い光の中、オルガンを聴きました。
曲はすべてバッハ。
なんだか、夢か現かわからない空間にいた。
オルガンの音って、本当に空気を伝わって体中に浸透していく。
血の隅々に音が入っていくのがわかる。
堅い木の椅子からも、石の床からも、音の振動が心身に伝わって流れていく。

スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://jyunsuikaidan.blog19.fc2.com/tb.php/30-67a7bf3a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。