スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

In the middle somewhat elevaited

.30 2009 ダンス comment(0) trackback(0)
ドイツ・フランクフルトの振付家、ウィリアム・フォーサイス(1949~)の87年の作品「In the middle somewhat elevaited」。

これは当時のパリ・オペラ座バレエ団に振付けられたもの。
シルヴィ・ギエムの当たり役。
動画は、シルヴィ・ギエムの有名過ぎるソロシーン。
冒頭にちょっとだけ映っているのも彼女。

たぶんリハーサルの映像だと思われる。
とにかく格好良い。
トウシューズも履いているし、バレエっぽいけれど、クラシックバレエではなく、現代作品・・・コンテンポラリー、のカテゴリーに入れていいと思う。

何が凄いって、このフォーサイス特有のオフバランス、でも軸は決して崩してはいけない・・・という感覚を見事にものにしている。
かなりの技術を持ったダンサーである、シルヴィ・ギエムだからこそここまで出来るし、この格好良さが出るのだと思う。
この振りは、なかなかこんな風には踊れない・・・
難しいステップを滑らかにこなし、次への繋ぎは安定していて、でも振りの中の危うい感じはしっかりみせてくれる。

そして、何より気持ちいいのが、この音感!
息苦しくなることなく、ステップが音に心地よくはまるはまる!
このタイプの踊りって、決めすぎると却って格好悪いし、だからといって音感が悪いと本当に見れたものじゃなくなるのだけど、その微妙なところを感覚的に理解しているな、というのがよくわかる。
音と振りの一致、ぴったり感に痺れてしまう。

格好良い・・・

スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://jyunsuikaidan.blog19.fc2.com/tb.php/239-da093376
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。