スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Gregorian Chant

.16 2009 音楽 comment(0) trackback(0)
九世紀から十世紀にかけて広まった、ローマ・カトリック教会の典礼音楽、グレゴリオ聖歌。



Gregorian Chant 「Dies Irae」

冒頭からの男声→女声、の掛け合いが本当に美しい。

歌詞は全てラテン語。
もう普段の生活では使わなくなった言葉であり、いわば死語なのに、でもこうやって教会に欠かせないものとして未だに生き続けている、というのは本当に凄いことだと思う。

グレゴリオ聖歌は無伴奏曲で、かつ拍子もない。
また独特の音階があり、それが不思議なメロディの元となっている。
古来からずっと教会のミサで歌われ続けてきたもので、曲そのものもかなり古いものが多い。
敬虔さ漂う歌声が本当に美しい。



スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://jyunsuikaidan.blog19.fc2.com/tb.php/227-cb4d29a7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。