スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ある晩 流星と衝突した

.28 2009 comment(0) trackback(0)
稲垣足穂の「一千一秒物語」を買った。
まだ途中までしか読んでないのだけど、とても良い。
一つ一つの物語が、硬質で、透き通っていて、水晶のような、硝子のような。
青い夜、靄のかかった夜、冷たい夜、静かな夜・・・
そんなものも思い起こす。
宇宙的なものも思う。
鉱物の冷たいきらめきも思い出す。
そういう、文章。

稲垣足穂(1900~1977)
「一千一秒物語」は1923年に出版されたもの。
まだ戦前。
でも、時間というものを全く感じさせない、なんともモダンでシュルレアリスティック、抽象的な美しい作品。
こういうものは初めて読んだけれど、すごく好きだ。
こんなことがいつかあったような・・・という気にさせられる。


特に気に入ったものを幾つか。


「霧にだまされた話」
白い霧が降っている真夜中頃 ガスの目の下を通って小路にはいると 広いアスファルトの路があった 両側のショーウィンドウには昼のように電燈やガス燈がともって きれいな帽子や衣裳類が輝いていたが たれ一人の姿もない そのくせそこいらのガラス戸のギーと開閉する音や ザワザワと群集が混雑している声がするのである 通りすがりに広々とした店の中をのぞくと 奥の階段の方で なにか陽炎みたいなものが忙しくこみ合っていた 気味がわるくなって二三丁のあいだ一生懸命に駆けた と思ったらいつのまにか小路を抜けて 見覚えのある黒い家のガランとした石段の上に電燈がふるえているのを見た・・・


「自分を落してしまった話」
昨夜 メトロポリタンの前で電車からとび下りたはずみに 自分を落してしまった ムーヴィのビラのまえでタバコに火をつけたのも――かどを曲ってきた電車にとび乗ったのも――窓からキラキラした灯と群集とを見たのも――むかい側に腰かけていたレディの香水の匂いも みんなハッキリ頭に残っているのだが 電車をとび下りて気がつくと 自分がいなくなっていた



本当に素敵。
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://jyunsuikaidan.blog19.fc2.com/tb.php/194-0f9c1cc6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。