スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Orgueの調べ

.27 2009 音楽 comment(0) trackback(0)
020_convert_20090428000059.jpg


最近、またBachをずっと聴いている。

ついこの間までは、ゴルトベルク変奏曲やフランス組曲などクラヴィーア曲を多く聴いていたのだけど、この頃好きなのが、オルガン曲。

オルガンという楽器は、本当に驚異的だと思う。
まず、あの荘厳で畏怖さえ感じさせる外観。
ゴシック建築のように高く林立するパイプの群れ。
そして、ストップにより作り出される、無限とも思われる音色。
教会という場所に、その空間に、ああまでも同化した音というのは、他には鐘の音ぐらいしかないと思う。
音に波があり、奥行きがあり、深さがある。
音が目に見え、触れることができるかのような感覚がある。

実際に教会で聴いたときに、どうしたらいいかわからないほどの衝撃を感じたのを、今でもよく覚えている。

そして、また驚異的なのが、たった一人であの重厚で壮麗な音楽を演奏している、ということ。
カール・リヒターが演奏している映像などを見ると、その演奏の難易度の高さにまた驚かされる。
傍らに、ストップの操作の助けをする人はいるけれども、基本的に一人で、三段以上もある鍵盤と足鍵盤まで操るのだから、本当にすごい。
特にBachが活動していたころのバロック式のオルガンなんて、足鍵盤がかなり細くて、ほとんどつま先で弾いていて、それがまた奇妙でもあり、改めていかに大変かということを思う。


Bachのオルガン曲では、やはり「幻想曲とフーガ ト短調(BMW.542)」が一番好き。
前半部分の、激しく重厚な和音の連なり。
一つ一つの音の重なりが、これしかない、これ以外にはありえない、というような唯一無二のハーモニーだと思う。
どうしてこんな音が作り出せたのだろうか・・・
そして、フーガ部分の主題のメロディ。
この主題がまた本当に美しい。
綺麗だけれどもどこか哀しい、何かを思い出すような、感覚的な遥か昔のことを思うような、そんな気分にさせられる。
本当に、どうしてこんな音楽が生まれたのか、また生み出すことができたのか、と、聴くたびにいつも思う。


organというのは英語で、独語ではOrgel(オルゲル)、仏語ではorgue(オルグ)。
Moi dix Moisの「XANADU」の歌詞にも出て来ます。

 呪われた 心をオルグの 聖なる調べと共に 別れを告げ


ちなみに、日本では昔、オルガンのことを「風琴」と書いたらしい。
なかなか言いえて妙。







スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://jyunsuikaidan.blog19.fc2.com/tb.php/146-47e8117d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。