スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Card Lover

.30 2009 独り言 comment(0) trackback(0)
カードというものが好き。
雑貨屋さんや、美術館、展覧会などなど、行く度にカードを買ってしまう。
あの四角い紙に印刷された、あの感じが好き。
持った感じも、大きさも好きだし、選ぶときの楽しさ、家に帰って眺めるときの満足感、何をとっても好き。

ウィーンに居た頃、素敵なカードを売る店がたくさんあったので、いろいろ買い集めた。
雑貨屋さんはもちろん、美術館でしか手に入らないものとかもあるし。

これらは美術館で買ったもの。

マリア・テレジア。

2008081021320001.jpg

ご存知、アントワネットの母親の、オーストリア女帝。
若いときの肖像画。
濃いブルーグリーンのドレスが美しい。
美術史美術館で購入。
確か、ここでアントワネットのカードも買った。

そしてこちらは、また別の美術館にて。

2008081021320000.jpg

Dieric Boutsという人の絵。
祈るマリア様。画像に収まりきっていないけど、周りには天使がいます。
ルネッサンスの初期の頃のもの。
この時代の絵は、フラ・アンジェリコとか、好きな雰囲気のものが多い。
静謐な感じが好き。
これを買った美術館には、有名なボッシュの「最後の審判」があって、それ目当てで行った。
かなり大きい絵で、書き込みも細かく、とにかく圧倒させられる絵でした。
何を思って描いたのだろう・・・と思った。
あの有象無象の異形たちは、何を表すのだろう・・・とか。
しばらく絵の前で立ち尽くしていた記憶がある。


こちらはミュシャ。

2008081021330000.jpg

アールヌーボーの寵児、ミュシャも好き。
女性がとても美しいと思う。
彼がポスターを描いた、女優サラ・ベルナールも好き。
彼女は棺桶で寝たり、男装を好んだりしていたそう。
澁澤龍彦の著作にも、確か出てきたと思う。
ミュシャは、他にもカードや、あと全部絵柄が違うトランプとかも持ってる。
使うのは勿体無いので、たまに出して眺める→満足する→しまう、で終わり。


そしてこちら、ダリ。

237_convert_20090330222103.jpg


虚空に浮かぶ薔薇。
下に広がる平原には、人が二人。
遠くには河や都市。
空の色合いや、はっとするような紅さの薔薇が美しい。



これらは全部絵画ものだけど、それ以外にも素敵なカードがたくさんある。
特に、フランスのNouvelles images社の写真のポストカードのシリーズはすごく素敵で、媒体の選択から色使いから構図から、そのセンスの良さに脱帽という感じ。
見かける度に買ってしまうので、かなり枚数ある。
吉祥寺で、ここのカードを買えるお店を発見できたので嬉しい!
カードコレクション、まだまだ増える予定。



スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://jyunsuikaidan.blog19.fc2.com/tb.php/122-643a3895
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。