スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

森羅万象の聲

.28 2012 未分類 comment(0) trackback(0)
一ヶ月以上放置してしまった。
お久し振りです。


昨日、黒百合姉妹のコンサートに行って参りました。

初めてだったのですが…本当に行って良かった。

黒百合姉妹を聴いてみたのも、実は結構最近のことで。
名前は以前からきいたことがあったのだけど、なんとなくロリータ少女系ユニットのようなものwを勝手に想像していて、これっぽっちも聴く気が起きなかったという…。
でもそれを、何がきっかけだったか忘れたのだけど、とにかく聴いてみたらあれ!これ!と。
見た目もロリータではなくてゴシック黒服なお姉さま。
しかも1988年結成という、この世界ではなかなかの歴史を感じさせ、しかもトランスレコード系レーベルSSEからきているというこの方々。
その辺の成り立ちなどにもかなり興味があって、聴くようになりました。

音楽も、最初はその声と発音の感じがちょっと苦手だったのですが、慣れてくるとこれがまた良い。
この音、この世界感にはこの声と歌い方でないと駄目だとさえ思う。

なんかたまに、Dead Can DanceやCocteau Twinsが好きな人にお勧め!みたいな文章を見ることがあるのですが、私は余りそうは思わなくて。
というかDCDとかを期待して聴くと、凄く勿体ないと思う。
というのは、自分が初めその辺のところでだいぶ戸惑ったので。
でもそれで黒百合姉妹が苦手なんてことになったら、本当~に勿体ない!

歌い方やサウンドの作りの点でかなり違うし、別物と思った方がいいし勿論別物だし。
リサ・ジェラルドやエリザベス・フレイザーは素晴らしいし女神の歌声だと思う、私は本当に大好きだけれど、でもその歌声とはまた違った良さ、美しさがJURIさんの声には宿っている。

特に昨日、生で聴いて更にその感覚が強くなった。

あの空間で静寂、そしてLISAさん達楽器隊の音に囲まれながら歌うJURIさんには、紛れもなく”何かが”降りていた。


音としては、宗教音楽、古楽や民族音楽をベースにした、とにかく美しく広がる音世界。
楽器もLISAさんの操る鍵盤、ピアノやチェンバロ、オルガンなどの中に古楽器や民族楽器の音色が入り混じることもあり、これまた美しく懐かしい世界を体感させてくれる。

実際にバッハのカヴァーなどもやってらっしゃっていて、それがまた本当に美しい。

生で聴くと、身体中に沁み渡っていくような、響き合うような、そんな感覚になる曲の数々。
今年の6月、七年振りに新アルバムを発表するのだそう。
私は昨日、会場の先行販売で入手済みなのですが。
その名も「森羅万象の聲」。

さきほど拝聴したのですが、これがまた素晴らしい。
コンサートでも何曲か演奏して下さって、オルガンの重厚な響きがとても印象的で大好物だ!と思っていたのですが、やはり至高の美の世界を魅せて下さいました。

是非聴いてみて下さい。

そして、今年はもう少し活動される!?とのことなので、10~12月の間に予定されているコンサート(日程はまだ出ていませんが)に是非足を運んでみてください。
この方々が活動していて下さることに、感謝の気持ちさえ覚える。

035_convert_20120528230042.jpg

ホーリー・ワーバートンさんのアートワークがまた美しい。
左上のCDは、昨日一緒に買ってきた2005年発表のアルバム「天の極み 海の深さ」
こちらのラストに入っている「Kyrie」、この曲…!!

昨日のコンサートのラストの「Kyrie」、声に音にそれ以上のものがこもっていて…
思わず涙してしまったのは絶対に私だけではない筈。
音楽の持つ力をいうものを感じた瞬間だった。

昨日は本当に本当にありがとうございました。
あの場に居ることが出来て本当に良かった。







スポンサーサイト
 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。