スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

服、そして女性であること

.14 2010 comment(0) trackback(0)
この間購入した本。
「たかが服、されど服  ヨウジヤマモト論」  鷲田清一 著

2010091422480000.jpg



服を着るという事、ファッションとは…?
ということは自分なりにいつも考えているのだけど。
この本は、そのファッション、服、を”作る側”の話。

山本耀司さんと言う人…本当に興味深い。
この人もまた、現代に生きる大物。
服作りに於ける彼の思うこと。
そして女について。
とてもはっとさせられる。

自分が追い求める女性性との符号。



「モードという制度から下りようとするモード、あるいは、モードの外をめがけるモードとでも言えばいいのだろうか。服で意味やイメージ(~らしさ)を演出するのではなく、むしろ可能な限り服から意味を削ぎ落として(余計な意味や感情がつきまとうのが嫌だから黒の生地を使うのだ、と山本耀司は言う)服がその人自身であるような服、「服を見ただけで着ている人がわかるような服」を作ること。」

こういうことを求めている人が居るのだ…!

「時間をデザインしたい、と山本耀司はつぶやく。」


そして彼のドレスメイキング、そこから爪弾きだされる”女性”の姿、在り方。

「横姿、あるいはちょっと斜め後ろから見た女の人の姿に、妙な感動を覚えます。過ぎていくもの、通り過ぎていくものに対する追いすがるような想い。ミッシングな感覚と言ってもいい。残り香もそう。何かせつなさみたいな。過ぎ去りゆくものに誘惑されて…みたいなことが、いつも僕の中の女性に対するひとつの憧れとしてあるのです。(中略)だから背中。服というものは、前からではなく、後ろから作っていくものだとぼくは思う。後ろは服の支え、それがしっかりしていないと服は成り立たない。」

「山本耀司が思いをはせている、<女>という存在の圧倒的な「リアル」には、いつもこうした(光ではなく)翳りが射している。山本の黒とは、色という色をすべて吸い込む抱擁の黒であるとともに、この翳りの深さでもあるのだ。存在の乏しさを服で覆い、埋めるのではなく、存在の乏しさが乏しいままでそこに醸し出すエレガンス(日本語では「いき」。が、それはむしろ「シック」に近いかもしれない)。イメージではなく、存在が幸少なきままに燻しだすエレガンスが問題なのだ。」


女、女性である、ということ…
どういうことなのか。
女の持つ翳り…
エレガンス、シック、「粋」
凛とした強さ、官能的な柔らかさ、しなやかさ、深い断念…





スポンサーサイト

Black Diamond

.13 2010 未分類 comment(0) trackback(0)
教会音楽ばかり聴いていたけど、久々に凄い曲を発見してしまった…

Stratovarius 「Black Diamond」
これは凄い!!聴いた瞬間に物凄くテンション上がった…!
もうこればかり聴いている…
最高に名曲。


冒頭からもう…!!
クラシカルでバロックなチェンバロの旋律…バッハかと…!
そこへギターにベース、ドラム、クワイアが入り……疾走開始!!
この瞬間がたまらない!
どうしようもない格好良さ。
中間部のギターソロ&キーボードソロの掛け合いも半端じゃない!!
ずっと疾走しているツーバスドラムとベースがまた格好良い…
一度落ち着き、またチェンバロとギターが絡み…
そして最後のサビへ。
そしてそして…チェンバロだけが残り、フェードアウトしてゆく…
あぁ美しすぎる!!

MdM好きだったら、聴いておいて損は無い、絶対w
というかやっぱりチェンバロとかオルガンとかクワイアが入って、バンドサウンドと共に疾走してる曲って、もう最高。大好き!






教会音楽

.10 2010 音楽 comment(0) trackback(0)
最近ずっと聴いている音楽。
教会音楽は年がら年中大好き。

2010090906450000.jpg


右上から時計回りに、
1.Verdi Requiem
2.Ockeghem Missa L'homme arme
3.J.S.Bach Matthaus-Passion
4.Missa Mexicana
5.Hildegard von Bingen Canticles of Ecstasy
6.Mozart Requiem


1のヴェルディとか3のマタイ受難曲、6のモーツァルトのレクイエムとかは説明不要と言うか、たぶん前も記事にしていたと思う。

2のCDは、この間ふらっと金沢に行ったとき、21世紀美術館の売店で入手したもの。
Johannes Ockeghem、オケゲム(1420~1497)という中世フランドルの作曲家のモテット、ミサ曲が何曲か入っている。
でも一番最後の曲だけ、Josquin des Prez、ジョスカン・デ・プレ(1460~1521)という、少し後に活躍する作曲家のモテット。
いずれも男女混声の美しいポリフォニーで、透明感のある、心洗われるような合唱曲。
教会音楽ならではの絶妙な和音、声の響きの重なり合いに酔ってしまうほど。
ジョスカンのみのミサ曲のCDも売っていたので、買って来れば良かった、と今更思う…


4はメキシコのミサ曲集。
なかなかレアではないかと。まぁそうは言っても見つけたのはBook Offだけど;
メキシコのカトリック教会と言ったら、ウルトラ・バロック!
あの、どこをどうとったらそうなるのかしら?と不思議でならないぶっ飛んだ様式!
原色の赤や黄、青を多用し、行き過ぎていて装飾過剰で、妙にテンションの高い教会建築を見ていると、敬虔というより愉快な気分になってくるのだけどw
あれはあれで結構好き。
で、音楽の方もそれを踏襲し、一瞬ルネサンス調ポリフォニーがあったと思うと、民族楽器を使った踊りの音楽のようなものがあったり。
ミサ曲なのにやっぱりテンション高くて、面白い!


5は、中世ドイツに生きたHildegard von Bingen、ヒルデガルト・フォン・ビンゲン(1098~1179)のCD。
彼女は古代ローマ期以降の最初の女性作曲家と言われている。
また女子修道院長であり、神秘家であり、預言者、詩人、作家、また医学や薬草学にも詳しかったという、かなり多才な女性であったらしい。
中世欧州最大の賢女、だそう。
曲は女声のみの神秘的なモノフォニー。
精神にまで訴えかけるような、何かを感じさせるような響き…
本当に美しいです。
ジャケットの絵も、ヒルデガルト本人が描いたもので、三位一体を表したものだそう。

ちなみに、彼女のことを知ったのは、私の大好きなHPを運営している方のブログで。
そのHPがもう世界観から何から大好きで、密かに毎日チェックしているくらいなのですが、彼女のブログでヒルデガルトが出てきて、私教会音楽や聖歌の類が大好きなのに知らなかったので、聴いてみたらこれはやばいと思った。
今や大のお気に入り。



宗教曲は本当に良いです。
ジャケットも素敵だし、歌詞も美しい。
人間は音楽=祈りと共にある、ということを思い出す。

LUNA

.06 2010 山海塾 comment(2) trackback(0)
手に入れた、「月 ~LUNA~ 小夜子/山海塾」

2010090610570000.jpg


山口小夜子
山海塾(滑川五郎、森田慶次(蝉丸)、高田悦志、緒方篤)

撮影/横須賀功光
振付・文/天児牛大

1986年2月14日第一版


とても良い状態の美本を、神保町の古本屋で手に入れることができた。

これは…大変なものを見つけてしまった。


仄かな月明かり。
終わりの無い空間なのか、限定された場所なのか。
釣り下がる肉体…
照らし出された女。
それは女神か妖魔か。

2010090611000001.jpg

美しすぎる…

2010090611020000.jpg



ベジャールと蜷川さんが帯にコメントを載せている。

 踊りは紙の上を通り過ぎる
 写真は無邪気に過ぎ去る瞬間を捕える
 しかし 時は罠を仕掛ける
 死のように 引き裂かれた肉体を狙う 
 肉体の美                        モーリス・ベジャール


 

今は亡きベジャール…
そして今は亡き小夜子さん。

時は無情にも流れ行き、真の偉大な人々は姿を消していく…
 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。