スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Antony&The Johnsons

.21 2010 音楽 comment(0) trackback(0)
このごろは、お借りしたCDを聴いてました。

2010051706430000.jpg

イギリスのAntony&The Johnsonsというグループなのだけど、ボーカルの方が両性具有なのだそう。
好きそうだから、と貸していただいたのだけど、本当になかなか素敵だった。

ちなみにこのジャケットは日本の舞踏家、大野一雄さん。
彼は1906年生まれ、100歳を超えているのだけど今なお現役で踊っている、という脅威の踊り手。
このアルバムは彼に捧げられているのだそう。


あとは最近DVDもいろいろ見たし、CDも結構買っているので幾つか紹介したいのだけど…
やっぱり音楽って素晴らしい。
また発掘を楽しんでいる今日この頃。

DVDは、「エコール」「オーメン」「アンヴィル」「ルナシー(シュヴァンクマイエル)」などなど見た。
「エコール」がもう…!
好み過ぎて、やられた!と思った!DVD欲しい。
濃厚で儚いめくるめく少女耽美の世界。

外界から隔絶された、塀に囲まれた森の中の全寮制学校に暮らす幼い少女達…ともう設定から素敵すぎる。
余り起伏のないストーリーの進行も良い。
ビアンカが可愛すぎます。特に最後…!
きらめく噴水の水と戯れる姿は少女故の儚い一瞬の美と相まって、何とも眩しい、きらきらしい。


スポンサーサイト
 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。